選び方

複合機を選ぶときにまず基準となるのが月間の印刷枚数です。祖印刷スピードによっても寿命は異なってきます。なので自分が機器を購入し、運用することを考えた時にあわせて機器を選ぶようにしましょう。これによって導入コストを大きく抑えることも可能になります。

また、ランニングコストで選ぶのもよいです。複合機やコピー機は保守契約金としてカウンター料金がかかります。カラー・モノクロにそれぞれ一枚当たりの単価を設定して、使った枚数分の保守料金を支払います。このカウンター料金を支払うことによって定期メンテナンス・部品交換・修理費用が無償あるいは割引で利用できます。そして、トナー代金についてもこのカウンター料金に含まれる場合がほとんどです。

カウンター料金はほとんどのメーカーで必須でありますので、いかに安い単価で利用できるかがポイントとなります。その他にも無線ネットワークに接続された機器から簡単にスキャンや印刷ができるといった便利機能で選ぶのもよいです。費用は掛かってもこうした機能で作業の効率がよくなれば結果的にはコストの削減へとつながります。高いものから安価なものまでありますが値段だけでなく機能もしっかり確認して後悔のない機器を購入しましょう。

Pocket

Published by